離婚するには

話し合いで離婚が合意に至らなかった場合、裁判によって離婚するかどうか決めます。この場合は、次の場合に限り離婚することができます。(1)悪意の遺棄(2)不貞行為(3)三年以上の製紙不明(4)配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないこと(5)その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある。裁判離婚以外にも。協議離婚、調停離婚、審判離婚というものがあります。また離婚には子どもの問題も伴う場合が多いです。親権者を誰にするか。養育費はどうするか。子の性はどうするか。面接交渉権について。様々な問題があります。その他にも、お金についての問題もあります。婚姻費用分担について。慰謝料について。財産分与について。第三者に対する慰謝料請求について。これも様々な問題はあります。弁護士に相談してみましょう。悩むことも重要ですが、相談することも重要です。

裁判に持ち込むためには、悪意の遺棄、三年以上の生死不明、不貞行為、配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないっこと、その他婚姻を継続し難い重大な事由が必要です。弁護士に相談する前に、証拠集め、相談することをまとめておくといった事をすることで弁護士費用を抑えることができます。悪意の遺棄とは、配偶者が正当な理由なく、他方の配偶者との同居を拒む、協力しないということです。三年以上生死不明とは、三年以上、配偶者が生きているのか死んでいるのか確認できない状態が現在まで続ているということです。不貞行為とは、配偶者が自由な意思に基づいて配偶者以外の者とし絵的関係を結んだということです。配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないことは夫婦の協力義務が果たすことができない場合に適用されます。その他婚姻を継続しがたい重要な事由とは、夫婦仲が破綻していて、回復の見込みがないことです。