クリーム

自力で試してみる

一度なってしまったニキビ跡のクレーターは、化粧品での完治が難しくなってしまいます。
特に赤みが増した状態のニキビ跡は、肌質や年齢などの症状でもだいぶ変わってきます。
ですので、化粧品だけで治ったという話は、あまり鵜呑みにしないほうがいいかもしれません。
症状がそこまでひどくない場合は、化粧品でどうにか完治できる可能性は確実にあります。

ケアに必要な成分
ニキビ跡は、赤くなってしまう他に、この赤みがずっと残ってしまう恐れがあります。
冬の寒い時期になると、冷気がニキビに直接あたり、やけどのような感じになってしまいます。
この状態になってしまうと、結果クレーターになってしまう恐れが十分にあるのです。
必要な成分は、やはりビタミンCを使用した治療が一番の近道と言えます。

ターンオーバー
ニキビ跡のクレーターを効率よく撃退するには、まず肌のターンオーバーをしっかりと整えてあげる必要があります。
クレーターになってしまう主な原因の1つに、肌のターンオーバーがしっかりと働いていないのが主な理由として挙げられます。
ニキビ跡に悩んでいる人は、自分の肌の皮膚が硬くなっている状態といえます。
ニキビ跡として一番多いクレーターは、生活習慣や世代、体質、遺伝などが関係しています。
また、手入れ方法によっても治療の良し悪しが違ってきます。

病院に通う
化膿したニキビも、真皮自体に激しい傷みが無ければ、凸凹したクレーター跡にあることはまずありません。しかし、個人の体質によって治療できる度合いも変わってきます。
万が一、自然にクレーター跡が治らない場合は、クリニックにお世話になるといった方法も考える必要が出てきます。
顔にニキビが残ってしまうと、肌の奥にある角質層の真皮部分が傷んでいる可能性は確実にあります。
病院では、その崩れてしまった角質層の部分を修復していく治療を行っていきます。
化粧品などで長い期間試すよりも、即効性のある治療法を見つけ出し、自分にあった治療法を探すことが大切です。

オススメリンク

相談

特徴を知る

ニキビ跡のクレーターの治療は、一般的な外用薬の他にも内科的な…Read more
ヒビの入った肌

消す方法について

ニキビ跡になってしまうクレーターを消す方法は、クリニックによ…Read more

関連リンク